【おとなの前菜】は食後の血糖値と中性脂肪の上昇を働きかける!

健康

“おとなの前菜は食後の血糖値と血中の中性脂肪上昇を、穏やかにするために役立つゼリースティックです。



毎年の健康診断は自分を知るために大事ですが、中性脂肪と血糖値が気になる大人は増えています。
血糖値の急上昇をしやすい状態にすると、同時に中性脂肪も上がりやすくなるので油断ができません。
インスリンがたくさん出て余分なブドウ糖を、体内で中性脂肪に変換してしまい、蓄積して血糖値と中性脂肪でひっかかるパターンです。

対策をするポイントは大きく2つあるようです。
1)血糖値の急上昇を避けること
2)中性脂肪にも気を配ること

だから【おとなの前菜】の出番です。
難消化性デキストリンを含みますので、食事をした後の糖の吸収を穏やかにすることを助けるそうです。
白米や小麦粉たっぷりのパン、麺類は日本人が好む炭水化物ですが、好きなだけ食べれば血糖値も上がって太りやすいです。



適量を食べるのが前提として、炭水化物を難消化性デキストリンと共に摂取をすると、食事した後の血糖値の上昇は穏やかになるようで、関連商品がたくさん販売されてます。
さらに血中中性脂肪にも働きかけることもあるようです。
血糖値と中性脂肪の数値が、一挙に緩和されたら嬉しいですよね!

脂肪の多い食事をするときにも、炭水化物多めのメニューの時にも、【おとなの前菜】の習慣はイイかもですね!



コメント